トップページ

    ~夫婦で営む治療院~ 地域の皆様の健康相談おしどり治療院です。

おしどり治療院は平成28年7月に開院致しました。
富士の治療院で院長として5年 スポーツ疾患~ 腰痛 肩こり 膝痛 四十肩などの日常的な痛みを抱えた患者様の笑顔のお手伝いをさせて頂いていた おしどり♂(秋山 祐樹)と、
寝たきりなど体の不自由な高齢者の方への在宅治療(鍼灸マッサージ・機能訓練など)を経験した後、
産前産後のケアや女性特有の症状に対しての治療に従事してきた おしどり♀(秋山さやか)の二人で
それぞれの強みを生かした治療院を始めました。
地域の皆様の 笑顔のお手伝いをすると共に、地域に愛される治療院になれるよう
日々患者様と向き合っています。

8月も通常営業していますので、体の疲れを是非このお休み時に取り除いてくださいね。(^^♪


~こんな お悩みにお応えして~

・夜の授乳 毎晩 体がボロボロ。。。明日 治療を受けたいけど、午前中空いてるかな?
・日曜日の試合でケガをしてしまった⤵ 月曜日に予約出来るかな?
・残業で今夜もぐったり。。。出来れば 明日午前中治療を受けて仕事に行きたい。

そんな多くの患者様のご要望にお応えして24時間 ネット予約システムを導入しました。

日々の活動ブログです。
治療に関する事や日々の活動などをアップしています。
是非是非 見てみて下さい(^^♪

 

東海医療専門学校 学校長 
杉山 誠一先生



(公社)東洋療法学校協会   監  事
(公社)静岡県職業教育振興会 副会長
NPO法人 熱海市体育協会   理事長

「おしどり治療院」の開設を心からお祝い申し上げ、ここに推薦させて頂きます。

 「おしどり治療院」はその名のとおり、秋山祐樹さんとさやかさんという施術者であるご夫妻が営む
マッサージ・はりきゅう治療院です。
お二人とも、在学中大変真面目で成績優秀な学生でした。
 本校が加盟する公益社団法人東洋療法学校協会では、学生の研究マインドを醸成することを目的として、
毎年学術大会を開催し優秀な研究について表彰しています。
 3年生の時、祐樹さんとさやかさんは、この学術大会での発表を目指し率先して研究に取り組みました。

テーマは「脳機能に対する鍼刺激の効果-計算時の作業能力、疲労度を指標として-

ストレスの多い現代社会を背景に、鍼刺激によって脳の疲労やストレスがどれだけ軽減できるかについて検討したもので、本校男子学生20名を対象に、客観的ストレス度の指標として唾液アミラーゼ値を、主観的な指標としてVASを測定、また、脳機能の指標として30分間の計算作業を行ってもらい、鍼刺激群と無刺激群とについて効果を比較検討しました。その結果、鍼刺激群では計算作業能率の向上や身体疲労を改善する傾向がみられました。(東洋療法学校協会学会誌第35号 P29)
 
この研究成果について、東洋療法学校協会第33回学術大会において、祐樹さんが大変素晴らしい発表をされ、当時協会長を務めていた私にとっても大変印象深い大会となりました。
また、本研究は、翌年の第61回全日本鍼灸学会学術大会においても発表され見事 優秀賞を受賞されました。
 
 もしかしたら、この研究をきっかけに二人の距離は急激に縮まったのかもしれません。
 いずれにせよ、真理を探究しようとする姿勢は医療人にとって不可欠。お二人には、これからも患者さんの問題を追及する姿勢を忘れずにいて欲しいと思います。祐樹さんがスポーツ分野、さやかさんが女性のケア、それぞれの専門性を活かして地域医療に貢献して欲しいと思います。
お二人のご活躍を心からお祈り申し上げます。

平成28年7月

  東海医療学園専門学校
  校長 杉 山 誠 一